蜜蜂 - 恋愛!乙女ちっくポエム

蜜蜂

もうこれ以上先に進むと
後戻りできなくなりそうだった

あたしの心は
甘い甘い
蜜を求めていたのよ

ずっとずっと
飛び続けていた

いつかそれは
手に入るのだと

だけどそれは幻だった

もう
後戻り
出来ないところまで
飛んでいた

帰り道さえ
わからなくなった

そんな時に
あなたを見つけた

あたしに甘い蜜があるよって
教えてくれた
あなたが

あなたのことが
好きで好きで
たまらなくて

でもそれはいつの間にか
心が千切れるほどの
切なさに変わっていたんだ

どうせ蜜まで届かないのなら
あなたを刺して
あたしは消えよう

チクリと刺して
あたしは
消えよう

あたしの痛みと
どれだけあなたを好きだったか
その想いを

痛みを感じながら
あたしのことを
思って欲しい

嫌われても
なんとも思われないより
ましだから

あなたの記憶に
残りたいな
ちくりと刺し痕を残して

カテゴリー: ポエム — より 10:54 AM  コメント (10,346)
10,346件のコメント »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2018年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031