背中 - 恋愛!乙女ちっくポエム

背中

あなたの温度を
感じるのが
好きだったわ

あなたの背中をそっと抱いて
いっぱいキスするのが
好きだった

あなたの背中は
ひんやりと冷たくて
気持ちよかった

あなたは
くすぐったいって
子犬のように
笑っていた

そんな甘い時間が
大好きだった

いつまでも
いつまでも
触れていたかったのよ

それからしばらくして
あたしの前から
あなたはいなくなった

ベッドは広くなったし
なんだか
寂しくなってしまった

眠る前
時々思い出すの

あなたの背中を
そっと抱いて
キスをしていた
あの日を

「あなたがまた
戻ってきたら
いいのにな」

乾いた部屋の中で
ぽつりとつぶやいた

この気持ち
届くといいのに

あたし
まだまだ
あなたのこと好きなんだ

カテゴリー: ポエム — より 5:33 PM  コメント (5,972)
5,972件のコメント »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2018年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930