ナマコ - 恋愛!乙女ちっくポエム

ナマコ

あなたはあたしが
料理されているところしか
見ていなかったし、
あたしもあたしで
料理され終わってから
あなたと会った訳だし

別にあなたが悪いわけでもないし、
あたしが悪いわけじゃないんだけど

お互いショックだったね

おいしいって言ってくれて
嬉しかった。
あたしの食感に
好感を持ってくれて
嬉しかったな。
その味がいいって
ほめてくれて幸せだった。
うすくうすく切られていたから
多分あたしのそのままの姿なんて
あなたは
知る由も
なかったのでしょうけど
あたしはおいしくて、
ユニークだったってことを
覚えておいて
もらえただけでも
充分です。

だってしょうがないもの
そのままの姿を
あなたは受け入れられなかったし
あたしももう
料理したあたしでいることを
望まなかったから

そのままのあたしは
あなたにとって
衝撃的だったのでしょうね。
一生懸命わかってくれようとした。
でもあなたはわかってあげられないと
ずっとずっと悩んでいたんだね。
あたしとのことを
真剣にあなたなりに考えてくれた。
それだけで充分です。

結果は寂しいものに
なってしまったけれど
あなたに食べてもらった日、
驚いてもらった日、
おいしいって
言ってもらったあの時は
とても愛しい思い出です。

いつかそのままの
あたしでもいいよって
言ってもらえる日が来ることを
海の底で
のんびり待っていたいと思います。

ブクブクブクブク。

カテゴリー: ポエム — より 1:41 PM  コメント (6,083)
6,083件のコメント »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2018年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031