犬と猫その1. - 恋愛!乙女ちっくポエム

犬と猫その1.

あたしは自由になりたかった。
あなたは束縛をしたかった。

あたしは愛してほしいときだけ
愛してほしかった。
あなたはいつだってあたしを
愛してくれた。

あたしはあなたに手の内なんか
みせなかった。
あなたはあたしに
すべてをさらけだしてくれた。

あたしはあなたに爪をたてた。
あなたはあたしに牙をむいた。

血を流した。
お互い傷つけあった。
そして泣いた。
ただ泣いた。

あたしはもう元には
戻らないと思った。
あなたはもう一度一緒になることを
願った。

本当にうざったいあなただった。

だけど愛していたんだよ。
あなたのこと
ずっと愛し続けられなくて
ごめんね。

次は犬に生まれ変わるからね。

カテゴリー: ポエム — より 9:06 PM  コメント (330)
330件のコメント »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31