2011 4月 - 恋愛!乙女ちっくポエム

願い事

七夕の夜
あたしは天の川に
願いをかけました

あなたに出会う
ずっと
ずっと前から、

あたしは
心が震えるような恋愛を
したかったのも
しれません

もっと
もっと
愛して
愛されるような

そんな情熱的な恋愛を
望んでいたのかも
しれません

あなたはいつか
あたしの前から
去ってしまうそうですね

次に会えるのは
1年に1度あるかないか?
本当に織姫と彦星のようです

すべてが憶測で
あたしはそんな気持ちを
まだ消化できずにいます

あなたはあたしとずっと
一緒にいるかもしれない
あなたは同じことを
繰り返さないかもしれない
あなたはもっともっと
あたしを好きになってくれるかも
しれない

今好きだから一緒にいたい

一時でも一瞬でも・・・
あたしのことを気にしてくれるなら・・・
傍にいさせて欲しいのです

それじゃダメなのかなぁ?

織姫さんと彦星さんは
こんなあたしに
どんなアドバイスを
くれるんだろう。
あたしの願いごとよ、
どうか叶いますように。

カテゴリー: ポエム — より 11:41 AM  コメント (5,865)

ナマコ

あなたはあたしが
料理されているところしか
見ていなかったし、
あたしもあたしで
料理され終わってから
あなたと会った訳だし

別にあなたが悪いわけでもないし、
あたしが悪いわけじゃないんだけど

お互いショックだったね

おいしいって言ってくれて
嬉しかった。
あたしの食感に
好感を持ってくれて
嬉しかったな。
その味がいいって
ほめてくれて幸せだった。
うすくうすく切られていたから
多分あたしのそのままの姿なんて
あなたは
知る由も
なかったのでしょうけど
あたしはおいしくて、
ユニークだったってことを
覚えておいて
もらえただけでも
充分です。

だってしょうがないもの
そのままの姿を
あなたは受け入れられなかったし
あたしももう
料理したあたしでいることを
望まなかったから

そのままのあたしは
あなたにとって
衝撃的だったのでしょうね。
一生懸命わかってくれようとした。
でもあなたはわかってあげられないと
ずっとずっと悩んでいたんだね。
あたしとのことを
真剣にあなたなりに考えてくれた。
それだけで充分です。

結果は寂しいものに
なってしまったけれど
あなたに食べてもらった日、
驚いてもらった日、
おいしいって
言ってもらったあの時は
とても愛しい思い出です。

いつかそのままの
あたしでもいいよって
言ってもらえる日が来ることを
海の底で
のんびり待っていたいと思います。

ブクブクブクブク。

カテゴリー: ポエム — より 1:41 PM  コメント (6,083)
2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930